B-006:メジャーセブンスコードでバリエーションを持たせる

ホーム フォーラム 解説動画の内容に関するご質問 B-006:メジャーセブンスコードでバリエーションを持たせる

  • このトピックには1件の返信、1人の参加者があり、最後にseminar.jazzsoundsにより1年前に更新されました。
1件の返信スレッドを表示中
  • 投稿者
    投稿
    • #2266 返信
      S.O
      ゲスト

      理論と実践が融合したセミナーで非常にわかりやすくまずは楽器をもたず動画視聴を進めているところです。 Aは終わり、Bに入ったところですが質問がありましてコンタクトさせていただきました。 以下、教えていただけると幸いです。 Bbを前提にした質問です。

      B-006: メジャーセブンスコードでバリエーションを持たせるアドリブ法 について

      私の理解では、Gメジャーペンタトニックのスケールは、G / A / B / D / E で並行調のEマイナーペンタトニックのスケールは、 E / G / A / B / Dで同じ音から構成されていると理解していますが(この理解は正しいでしょうか?)、 GメジャーペンタとEマイナーペンタのスケールを使ってアドリブするということは音並びの違いを意識してアドリブするという事でしょうか。

      ペンタトニックスケールはあまり時間を掛けて練習したことがないので今一ピントこないのですが、現在発売されているジャズアドリブフレーズ集に入っているペンタトニックスケールはメジャー、マイナーのフレーズ感の異なるフレーズが掲載されているという理解で良いでしょうか? (フレーズ集の購入も検討しております。)

      お手数ですが、ご回答いただければと存じます。

    • #2269 返信
      seminar.jazzsounds
      キーマスター

      ジャズアドリブウェブセミナー  サブスクリプションをご活用いただきまして、誠にありがとうございます。

      いただいたご質問に回答させていただきます。

      ———————————————————————————————–
      【GメジャーペンタとEマイナーペンタのスケールを使ってアドリブするということは音並びの違いを意識してアドリブするという事でしょうか。】

      スケールでアドリブするのではなく「既存のペンタトニック・フレーズ」を用いてアドリブをするうちに、
      Gメジャーペンタ・フレーズとEマイナーペンタ・フレーズのサウンドの違いが分かるようになってゆきます。

      ———————————————————————————————–
      【Gメジャーペンタトニックのスケールは G / A / B / D / E で、並行調のEマイナーペンタトニックのスケールは、 E / G / A / B / Dで同じ音から構成されている →この理解で合っているか?】

      合っています。

      ただし、Gメジャーペンタトニックの『フレーズ』は  G / A / B / D / E にプラスして,
      ブルーノートである  B♭=♭3rd /  D♭=♭5th / F=♭7th の音が用いられます。
      どのブルーノートを用いるかは、フレーズによって異なります。

      平行調のEマイナーペンタトニックの『フレーズ』は E / G / A / B / D にプラスして
      ブルーノートである  B♭=♭5  の音が用いられます。

      Eマイナーペンタトニックに対するブルーノートには、D♭の音や、Fの音は、含まれていないので、
      Gメジャーペンタトニックに対するブルーノートと、Eマイナーペンタトニックに対するブルーノートは、完全にかぶってはいません。

      しかしながら、1つのフレーズに全てのブルーノートが用いられるわけではないので、
      どちらのペンタトニック・フレーズなのかブルーノートで見分けようとするのは難しいと思います。

      ———————————————————————————————–
      【メジャーペンタとマイナーペンタ 平行調 フレーズの見分け方その1】

      ペンタトニックのフレーズに含まれるブルーノートがどの音をターゲットにしているか?も、メジャーペンタとマイナーペンタの違いの1つです。どの音をブルーにさせているのか(♭させているのか?)が、平行調のどちらを演奏しているか判断する基準の1つだと思います。

      ただしこの違いは、フレーズを実際に演奏してゆくうちに、耳で理解できるものだと思います。
      一概に「こうだから、こう!」というわけではないのですが、サウンドには明確な違いがあり、説明が難しいです。

      たとえばGメジャーペンタフレーズに含まれる「B♭=♭3rd 」のブルーノートは「B=Major3rd」へ向かう(ターゲットにしている)ことが多いですが、

      フレーズによっては、Major3rdの音は使わず、単純に3rdを♭させてブルージーにしているだけ」の場合もあるなど、ケースバイケースなので、一概には言えません。

      一方、Eマイナーーペンタフレーズに含まれる「B♭=♭3rd 」は「B=Major5th」「A=11th」どちらもターゲットにしていることが多いです。また、B=Major5th を使わず、代わりに 5thを♭させてブルージーにしていることもあります。

      ———————————————————————————————–
      【メジャーペンタとマイナーペンタ 平行調 フレーズの見分け方その2】

      フレーズのどの音を「1度」としているか?で、平行調のメジャーペンタとマイナーペンタを見分けることができます。

      既存のフレーズを演奏しているうちに「このフレーズはこの音が1度だなあ」というのがなんとなく分かってきます。

      これは実際にフレーズを聴いて、演奏して、サウンドを体感してようやく理解できるものなので、まずはメジャー・マイナーそれぞれのフレーズを知ることが突破口となります。

      ———————————————————————————————–
      【メジャーペンタとマイナーペンタ 平行調 フレーズの見分け方その3】

      メジャーペンタのフレーズには、11thの音が入ることが多いです。
      11thの音はメジャーペンタトニックスケールにも、それに対するブルーノートにも含まれません。

      しかし、11thを入れた方が  アドリブに使いやすい=サウンドしやすい=自然 なので、
      私は11thを加えたメジャーペンタのフレーズを多用しています。

      Gメジャーに対して 11th は C ですが、これは平行調のEマイナーペンタ・フレーズには含まれない音です。

      ———————————————————————————————–
      【ジャズアドリブフレーズ集 vol.2 ペンタトニック編 につきまして】

      現在発売されているジャズアドリブフレーズ集に入っているペンタトニックスケールはメジャー、マイナーのフレーズ感の異なるフレーズが掲載されているという理解で良いでしょうか?

      →はい、メジャーとマイナーで、サウンドが異なるフレーズを掲載しています。
      そのため、メジャーペンタとマイナーペンタの平行調同士でフレーズがかぶっている、ということはありません。

      メジャーペンタフレーズとマイナーペンタフレーズをそれぞれ演奏することで、
      今回書かせていただいた
      ■どの音をブルーにしているか?
      ■ブルーノートのターゲットノートはどこか?
      ■フレーズのどの音が「1度」なのか?

      を簡単に体感いただけます。

      両方のフレーズを実際に演奏すると、その違いが腑に落ちるかもしれません。

      よろしくお願いいたします。

1件の返信スレッドを表示中
返信先: B-006:メジャーセブンスコードでバリエーションを持たせる
あなたの情報:





<a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre class=""> <em> <strong> <del datetime="" cite=""> <ins datetime="" cite=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width="">