C-040:フレーズを自然に自由に繋げる練習法

ホーム フォーラム 解説動画の内容に関するご質問 C-040:フレーズを自然に自由に繋げる練習法

  • このトピックには1件の返信、1人の参加者があり、最後にseminar.jazzsoundsにより1年前に更新されました。
1件の返信スレッドを表示中
  • 投稿者
    投稿
    • #4189 返信
      S.K
      ゲスト

      GmC7を繋げる練習の中で、ツーファイブフレーズでFメジャーまで行ってしまってもよいものでしょうか?(例1のケース)

      Fメジャーペンタトニックを演奏するのがありなら、ありかなとも思いますが、
      何となくそこで一旦解決してしまい、繋がり感が薄くなるような気もします。

      そのように感じた場合、敢えてFメジャーに行くのを回避することを意識するのがよいのでしょうか
      (例2のようにA音に着地するのを避ける)

      また、例のケースでC7に♭9を使用するのは問題ないでしょうか。
      (特に例1はFメジャーへの解決感が強くなるように思います)

      よろしくお願いします。

      Attachments:
    • #4192 返信
      seminar.jazzsounds
      キーマスター

      ご質問を頂きましてありがとうございます。
      以下、回答させていただきます。

      ——————————————————————————————-
      例1について:

      例1のように Gm7 上で、
      ツーファイブ・フレーズを繋げた流れで自然にFメジャーセブンス・フレーズに行く分には、不自然ではありませんし、違和感はないと思います。
      私もたまに指癖でそのように演奏していることがあります。

      (ただし、Gm7 | C7 が何度も続いている進行だからこそ自然に繋がっている、ということもあるので、
      2小節間のツーファイブ進行上で同じことをやるのは、やめておいた方が良いです。)

      毎コーラスそれで押し通すのでなければ、例1のようなフレージングも大いにありだと思いますが、
      たしかにFメジャーセブンスフレーズを演奏することで解決感が生まれ、落ち着いてしまうので、
      それを避けるために例2のようなフレーズに繋げるのは非常に良いアイディアだと思います。

      基本的には例2のように演奏して、指癖で例1のように演奏してしまうのは問題なし、という考え方で私は演奏しています。

      (例1も、言い方を変えればGドリアンの音使い、Gm7の 11th と 9thを用いた上手いフレージングとも捉えられますので、
      これをアリにするかナシにするかは、好みの問題です。)

      ——————————————————————————————-
      C7b9について:

      Gm7 C7 は、Am7♭5 に偽終止していますので(Am7 はF△7の代理を務められるトニックコード、そのアレンジ版がAm7♭5)
      C7b9 のテンションを途中に使用しても大丈夫です。
      提示していただいたフレージングも格好良いと思います。

      ——————————————————————————————-
      Fメジャーペンタについて:

      メジャーペンタトニック・フレーズは「メジャーセブンスフレーズのような解決先のフレーズ」というよりかは
      「キーを大きく捉えてファンキーに演奏するときのフレーズ」「そのキーをファンキーに表現してくれるフレーズ」というイメージです。
      ダイアトニック・コードが続くときに効果的な手法です。

      なので、用法が少しメジャーセブンス・フレーズとは異なります。
      メジャーセブンス・フレーズは基本的にメジャーセブンス・コード上で使うフレーズです。

      具体的にご紹介しますと、Fメジャーセブンスフレーズは、F△7で演奏できるフレーズです。
      それに対し、Fメジャーペンタトニックフレーズは、
      ブルースに出てくるF7、F△7、Fメジャーのダイアトニックコードが続くところ、で演奏できるフレーズです。
      ややこしいですが、ちょっと違う用途&サウンドなんです。

      よろしくお願い致します。

1件の返信スレッドを表示中
返信先: C-040:フレーズを自然に自由に繋げる練習法
あなたの情報:





<a href="" title="" rel="" target=""> <blockquote cite=""> <code> <pre class=""> <em> <strong> <del datetime="" cite=""> <ins datetime="" cite=""> <ul> <ol start=""> <li> <img src="" border="" alt="" height="" width="">