シリーズC ジャズアドリブ練習法

C-004 フレーズは12キーで練習すべきなのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
フレーズは12キーで練習すべきなのか

「フレーズは12キーで練習すべきですか?」というご質問をよくいただきます。
そのことについて、具体的なアドリブ練習法を交えて解説しています。

フレーズは12キーで練習すべきなのか

今回はフレーズは12Keyで演奏すべきなのか?ということについてをお話しします。

もちろん練習時間があるのであれば12キーに移調する練習は、やった方が良いです。

コード感や調性の感覚が身に付いたり、長い目で見れば多くのキーに対応できるようになるからです。

ただし、12キーに移調する練習は「フレーズを覚えたり使えるようになったりする練習」とは違うので、切り離して考えることが大切です。また、練習の効果が出るまで時間がかかりすぎるため、アドリブ練習にたどり着くまえに挫折してしまう可能性もあります。

ツーファイブフレーズは特徴的なサウンドや音の流れを持ちます。
そのため12キーに移調して、どのキーでも同じフレーズでアドリブを演奏してしまうと、「あの人また同じこと演奏してるじゃん」というふうに聞こえてしまいやすいです。キーを移調してもフレーズの音形は同じだからです。

phrase-ha-12-key-de-renshu-subekika

アドリブを短い練習時間で効率よく演奏できるようになるために、私はツーファイブフレーズはそのキーごとに違うフレーズを1つずつストックし、トニックフレーズは4つくらいをよく出るキーにだけ移調してストックする、という方法をオススメしています。

phrase-ha-12-key-de-renshu-subekika_1

このようにフレーズをストックする理由と方法を、実例を交えて解説動画でお話しします。

解説動画 C-004 フレーズは12キーで練習すべきなのか

ジャズアドリブの仕方 ウェブセミナー
シリーズC ジャズアドリブ練習法

再生時間:4分14秒

全シリーズ サブスクリプション を購入された方はこちらから

Vimeoオンデマンドで全シリーズをまとめて視聴、購入するにはこちらのボタンから↓

シリーズC を購入された方はこちらから

VimeoオンデマンドでシリーズCをまとめて視聴、購入するにはこちらのボタンから↓

C-004 フレーズは12キーで練習すべきなのか チャプター

短い練習時間で効率よくアドリブできるようになるには

ツーファイブフレーズは特徴的なサウンド
→そのキーごとに違うフレーズを持とう

トニックフレーズは平和なサウンド
→4つくらいのフレーズをよく出るキーに移調してストックしよう

上の埋め込み動画について
配信サイト Vimeo にてお支払い手続きを完了されている方は、このページの埋め込み動画で本編をご覧いただけます。現在このブラウザ(Safari、Google Chromeなど)で Vimeo にログインされていないか、お支払い手続きがまだの場合、埋め込み動画に全シリーズ サブスクリプション 予告編、シリーズ-C 予告編が表示されています。予告編動画は無料でご覧いただけますが、下のボタンからお手続きの上、ぜひ本編をご覧ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アドリブウェブセミナーを視聴するには

ジャズアドリブの仕方 ウェブセミナーは、2004年から世界でオンライン動画配信サービスを展開している Vimeo オンデマンドを利用しています。Vimeo はアメリカの企業で、安定したビデオストリーミングを安心してご視聴いただけます。

動画視聴はシリーズ全体をレンタル・単体動画レンタル・サブスクリプション(準備中)の3つの選択肢がございます。

サックス、トランペット、トロンボーン、ピアノ、ギター、ベース、ボーカルなど、どの楽器を演奏される方にもご活用いただけます。

ジャズアドリブの仕方 ウェブセミナーについて詳細は下のボタンから

 

ジャズアドリブの仕方 ウェブセミナーを視聴するには

コメントを残す

*