シリーズC ジャズアドリブ練習法

C-017 コードトーン・アルペジオ練習法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
C-017 コードトーン・アルペジオ練習法

今回は管楽器を演奏される方にオススメの「コードトーン・アルペジオの練習方法」についてお話しします。

コードトーン・アルペジオ練習法

コードトーン・アルペジオの練習は「いま練習している曲」など、
実際のジャズ・スタンダードのコード進行で行うのが1番効果的だと思います。

今回の動画では例として、Moritatを練習題材にします。

まずは、コード進行が表記された譜面(リードシート)を見ながら、
上昇系のコードトーン・アルペジオを、アカペラで練習してゆきます。

コードトーンアルペジオ練習法-1

この練習を行うとき、譜面にはコードトーンを書かないでください。

譜面にあらかじめコードトーンを書いてしまうと「ただ譜面を読んでいるだけ」
という状態になってしまい、練習の意味がなくなってしまいます。

コードトーンアルペジオ練習法-2

アドリブをするとき、頭の中は「今現在のこと」ではなく、「次の4小節のこと」を考えていることが多いです。

その方が「次はあのフレーズを演奏しよう」というようなことを考えられるためです。

コードトーンアルペジオ練習法-3

次の4小節のことを考えるためには、
譜面に張り付いている状態から、なるべく脱出した方が良いです。

最終的にリードシートを見ずに「暗譜でコードトーン・アルペジオを演奏する」ことで、

  • 自分がいつもどこでつまずいているか
  • この次にどんな繋がりのコードがやってくるか
  • ツーファイブ進行がどこにあるか

などを考えざるをえなくなり、結果的に早くコード進行が身に付くのが実感できると思います。

解説動画では、ステップを追って「コード・アルペジオの練習をどのように行うか」音源と譜面を用いてお話ししています。

是非、練習ルーティンに取り入れてみてください。

解説動画 C-017 コードトーン・アルペジオ練習法

ジャズアドリブの仕方 ウェブセミナー
シリーズC ジャズアドリブ練習法

再生時間:8分27秒

全シリーズ サブスクリプション を購入された方はこちらから

Vimeoオンデマンドで全シリーズをまとめて視聴、購入するにはこちらのボタンから↓

シリーズC を購入された方はこちらから

VimeoオンデマンドでシリーズCをまとめて視聴、購入するにはこちらのボタンから↓

C-017 コードトーン・アルペジオ練習法 チャプター

実際のジャズ・スタンダードで練習すると効果的

ステップ1:アカペラでアルペジオ(分散和音)上昇形

ステップ2:バッキングに併せてアルペジオ上昇形

ステップ3:アカペラでアルペジオ(分散和音)下降形

ステップ4:バッキングに併せてアルペジオ下降形

ステップ5:コード譜を見ないで実践してみよう

なぜ「譜面を見ないコード・アルペジオ練習」が重要なのか

今回のまとめ

おすすめのジャズアドリブフレーズ集

上の埋め込み動画について
配信サイト Vimeo にてお支払い手続きを完了されている方は、このページの埋め込み動画で本編をご覧いただけます。現在このブラウザ(Safari、Google Chromeなど)で Vimeo にログインされていないか、お支払い手続きがまだの場合、埋め込み動画に全シリーズ サブスクリプション 予告編、シリーズ-C 予告編が表示されています。予告編動画は無料でご覧いただけますが、下のボタンからお手続きの上、ぜひ本編をご覧ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アドリブウェブセミナーを視聴するには

ジャズアドリブの仕方 ウェブセミナーは、2004年から世界でオンライン動画配信サービスを展開している Vimeo オンデマンドを利用しています。Vimeo はアメリカの企業で、安定したビデオストリーミングを安心してご視聴いただけます。

動画視聴はシリーズ全体をレンタル・単体動画レンタル・サブスクリプション(準備中)の3つの選択肢がございます。

サックス、トランペット、トロンボーン、ピアノ、ギター、ベース、ボーカルなど、どの楽器を演奏される方にもご活用いただけます。

ジャズアドリブの仕方 ウェブセミナーについて詳細は下のボタンから

 

ジャズアドリブの仕方 ウェブセミナーを視聴するには

コメントを残す

*