シリーズA ジャズ理論基礎

A-010 コードネームからコードトーンを導く方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
コードネームからコードトーンを導く方法

コードネームからコードトーンを導く方法

今回は4和音のコードの構成音を覚える方法をお話しします。
コードネームをみてもコードの和音が出てこない、という方におすすめです。
丸暗記で覚えるのではなく、ここでも簡単な理論を使って覚えるのがコツです。

コードの構成音を覚えるためには、メジャースケールを覚えることが必須です。
なぜなら、コードの構成音はメジャースケールを軸に考えていくからです。

Cメジャーセブンスコードは、Cメジャースケールの1・3・5・7番目の音からできています。

code-tone-from-code-name

ここからスタートして「セブンスコード」「マイナーセブンスコード」「マイナーセブンスフラットファイブコード」「ディミニッシュコード」の構成音をどんどん考えてゆきます。

解説動画では、アルペジオ(分散和音)の練習音源・譜面もご視聴いただけます。

解説動画 A-010 コードネームからコードトーンを導く方法

ジャズアドリブの仕方 ウェブセミナー
シリーズA ジャズ理論基礎

再生時間:7分50秒

全シリーズ サブスクリプション を購入された方はこちらから

Vimeoオンデマンドで全シリーズをまとめて視聴、購入するにはこちらのボタンから↓

シリーズA を購入された方はこちらから

VimeoオンデマンドでシリーズAをまとめて視聴、購入するにはこちらのボタンから↓

A-010 コードネームからコードトーンを導く方法 チャプター

コードトーン(4和音の構成音)を理論的に覚える方法

コードトーンを覚えるときに重要なのは・・

メジャーセブンスコードが全てのコードの基準となります

セブンスコードのコードトーンの考え方

マイナーセブンスコードのコードトーンの考え方

マイナーセブンスフラットファイブコードのコードトーンの考え方

マイナーセブンスフラットファイブコードはマイナーセブンスコードから導くとさらに簡単!

ディミニッシュコードのコードトーンの考え方

ディミニッシュコードはマイナーセブンスフラットファイブコードから導き出すのがオススメ!

コードトーンを覚えるにはジャズスタンダードを用いたアルペジオ(分散和音)の練習がオススメ

コードアルペジオの練習はこのように行ないます

上の埋め込み動画について
配信サイト Vimeo にてお支払い手続きを完了されている方は、このページの埋め込み動画で本編をご覧いただけます。現在このブラウザ(Safari、Google Chromeなど)で Vimeo にログインされていないか、お支払い手続きがまだの場合、埋め込み動画に全シリーズ サブスクリプション 予告編、シリーズ-A 予告編が表示されています。予告編動画は無料でご覧いただけますが、下のボタンからお手続きの上、ぜひ本編をご覧ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アドリブウェブセミナーを視聴するには

ジャズアドリブの仕方 ウェブセミナーは、2004年から世界でオンライン動画配信サービスを展開している Vimeo オンデマンドを利用しています。Vimeo はアメリカの企業で、安定したビデオストリーミングを安心してご視聴いただけます。

動画視聴はシリーズ全体をレンタル・単体動画レンタル・サブスクリプション(準備中)の3つの選択肢がございます。

サックス、トランペット、トロンボーン、ピアノ、ギター、ベース、ボーカルなど、どの楽器を演奏される方にもご活用いただけます。

ジャズアドリブの仕方 ウェブセミナーについて詳細は下のボタンから

 

ジャズアドリブの仕方 ウェブセミナーを視聴するには

コメントを残す

*