シリーズA ジャズ理論基礎

A-023 テンションの数え方と使い道 〜その1〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
A-023 テンションの数え方と使い道 〜その1〜

テンションの数え方と使い道 〜その1〜

  • 耳コピしたフレーズを演奏するとき
  • フレーズ集の中から気に入ったフレーズを演奏しているとき

「コードに対して9thの音だな、13thの音だな。」と数えられるようになると、
サウンドの理解が進みやすいです。

フレーズを覚えるときも、脳内にこのようなイメージが見えるようになってきます。

テンションの数え方と使い道 〜その1〜

しかし「♭9th」や「#11th」と聞いても、いまいちピンとこない、という方も多いと思います。

特に管楽器など単音楽器の場合、イメージしにくいと思います。

テンションは、コードトーンに含まれず、かつアボイドノートでもない音のことを指します。

その時どきに適したスケールの音を、コードの上に積んだもの、それがテンションです。

テンションの数え方と使い道-1-2

C△7を例に、考えてみましょう。

Cメジャーの曲に出てくるC△7では、Cメジャースケールからテンションの音が選ばれます。

Cメジャースケールのコードトーンはド・ミ・ソ・シです。

これに度数をふると、それぞれ 1st・3rd・5th・7thです。

テンションの数え方と使い道-1-3

このコードの上にテンションとなる音を、さらに積んでゆきます。

解説動画では、「9th・11th・13th」全てがテンションになるわけではない、その理由もお話ししています。

テンションの数え方と使い道-1-1

「テンションの数え方」や、「アボイド・ノート」のこと、
「テンションについてどこまで知っていればアドリブに活かすことができるのか?」
などをお話ししています。

解説動画 A-023 テンションの数え方と使い道 〜その1〜

ジャズアドリブの仕方 ウェブセミナー
シリーズA ジャズ理論基礎

再生時間:7分4秒

全シリーズ サブスクリプション を購入された方はこちらから

Vimeoオンデマンドで全シリーズをまとめて視聴、購入するにはこちらのボタンから↓

シリーズA を購入された方はこちらから

VimeoオンデマンドでシリーズAをまとめて視聴、購入するにはこちらのボタンから↓

A-023 テンションの数え方と使い道 〜その1〜 チャプター

テンションの数え方を知っていると・・

テンションって?

C△7を例にテンションを考える

コードの状況によってテンションは変わる

最初に丸暗記する必要はない

テンションを意思を持って使うには?

今回のまとめ

おすすめのジャズアドリブフレーズ集

上の埋め込み動画について
配信サイト Vimeo にてお支払い手続きを完了されている方は、このページの埋め込み動画で本編をご覧いただけます。現在このブラウザ(Safari、Google Chromeなど)で Vimeo にログインされていないか、お支払い手続きがまだの場合、埋め込み動画に全シリーズ サブスクリプション 予告編、シリーズ-A 予告編が表示されています。予告編動画は無料でご覧いただけますが、下のボタンからお手続きの上、ぜひ本編をご覧ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アドリブウェブセミナーを視聴するには

ジャズアドリブの仕方 ウェブセミナーは、2004年から世界でオンライン動画配信サービスを展開している Vimeo オンデマンドを利用しています。Vimeo はアメリカの企業で、安定したビデオストリーミングを安心してご視聴いただけます。

動画視聴はシリーズ全体をレンタル・単体動画レンタル・サブスクリプション(準備中)の3つの選択肢がございます。

サックス、トランペット、トロンボーン、ピアノ、ギター、ベース、ボーカルなど、どの楽器を演奏される方にもご活用いただけます。

ジャズアドリブの仕方 ウェブセミナーについて詳細は下のボタンから

 

ジャズアドリブの仕方 ウェブセミナーを視聴するには

コメントを残す

*